上智大学
先生紹介

シェアする

icon-teacher

★網倉 久永 教授
経済学部長/経営学科教授

「多角的な視点を養い、グローバル社会をリードする人に」

グローバル社会のリーダーとして活躍できる人材の育成を目標に、英語で学ぶプログラムや海外の大学との連携授業を充実させているのが特徴です。特に、他国の学生と合同で取り組む課題解決型の学びは、「海外ではどう考えるか」を知る貴重な経験になるはずです。このように本学部では多彩な学修機会を用意しています。志は高く、フットワークは軽く、自らの関心を自由に追求し、将来に向けてさまざまな経験を積んでください。

Profile
専門は経営戦略論・技術経営論。企業独自の経営資源・組織能力が競争優位をもたらすメカニズム、イノベーションが業界構造を変革していくプロセスについて研究している。

★酒井 朗 教授
総合人間科学部長/教育学科教授

「社会のリアルな現実に、正面から向き合う人に

総合人間科学部では、人間をただ単に科学の対象として分析するのではなく、「臨床の知」や「政策・運営の知」を重視した教育活動を展開しています。これからの社会をどう生き、支えるかは全世界に共通する課題です。総合人間科学部でいま私たちが考えなければならない課題に向き合うことで、将来、人々のケアやサポートにおいて力を発揮してほしいと期待しています。

Profile
専門は学校臨床社会学、教育社会学。格差の拡大やグローバル化が進む現代社会において子どもたちの成育と学習を保障するため、学校教育は何ができるかの観点で研究を進めている。

★前嶋 和弘 教授
総合グローバル学部長/総合グローバル学科

「どんな“現場”でもグローバルとローカルの双方向視点で“解”を見つけ、現実的に“カタチ”にしてゆくプロフェッショナル」

総合グローバル学部は、その下に総合グローバル学科を配置し、1学部1学科体制で「国際関係論」と「地域研究」、この二つを融合させた「グローバル・スタディーズ」を三位一体として探求します。グローバルとローカル、これら二つの視点を併せ持つことで、世界をより立体的に、そしていきいきと理解することができるのです。これは上智大学ならではの新しい複合的学問領域です。

Profile
専門はアメリカ現代政治外交。「連邦議会」「メディア」「選挙」の連動するダイナミズムに着目し、俯瞰的な視点から国内政治と外交の政策形成上の影響を検証している。

★服部 隆 教授
文学部長/国文学科

「探究心と真実を見極める眼が、人間と世界を読み解く。」

本学部は、哲学・思想・歴史・文学・文化・芸術・情報・身体などを、人文学の基盤にある人間の尊厳とのかかわりのなかで研究します。人文教養を涵養することで、社会のさまざまな分野で未来を創造できる自律的な人間を養成します。

Profile
専門は国語学、国語学史。「国語(近代日本語)」と「国語学(日本語研究)」の土台が、どのような形で幕末から明治時代にかけて形づくられたのかを考えている。

★ベティーナ・グラムリヒ=オカ 教授
国際教養学部

「日本の歴史を見つめることで、世界の「今」が見えてきます」

未知の課題に出くわし、謎を解明するのが楽しくてたまらない、そんな子供でした。 「まだ他人が研究していない分野を追究したい」と考え、幕末期に「蘭学」と言うカタチで西欧諸科学を採り入れた日本に注目し、研究を深めれば深めるほど、その周辺の問題にも関心が広がっていきます。

Profile
上智大学で修士号取得後、ドイツのテュービンゲン大学で博士号を取得。米国のウェズリアン大学やコロンビア大学などで研究を続け、2009年から本学で教鞭を執っている。

★陸川 政弘 教授
理工学部/物質生命理工学科

「広範な学問領域の融合の中から新時代の価値を創出する」

同一キャンパスに文系学部もあるまれな就学環境の中、少人数制で教員と学生のコミュニケーションを大事にした学びが特徴です。また、各学科とも海外からの留学生が多く、国際色豊かな交流の中で切磋琢磨が生まれています。

Profile
専門の高分子化学や高分子合成を基盤に高分子電解質形燃料電池や人工骨材料の研究、有機薄膜太陽電池や有機ELデバイスに関連した応用研究などを行っています。

★川中 仁 教授
神学部/神学部長

「先の見えない時代だからこそ、 生き方のぶれない軸を」

日本で唯一のカトリック神学部です。神学は哲学、聖書、歴史、教義、倫理、文化というきわめて多岐な分野からなる総合的な学問です。 それらが共鳴する中で、人間を豊かにする真理に迫ります。

Profile
現代社会においてキリスト教信仰をいかに弁明するのかを課題とする基礎神学を専門としている。新約聖書学の基礎科目とキリスト論や教会論などの教義学を担当。

★服部 隆 教授
文学部/文学部長

「人文学は、すべての人間活動を 支える基盤である」

現代社会では、外国語ができる、専門技術があるだけでは通用しません。 人間の生き方の元にあるものを考える人文教養の力を養ってこそ、変動する時代や社会に立ち向かえるのです。さらに芸術・思想・歴史・文学は、人間として生きる意味を発見させるとともに、喜びを味わわせてくれます。

Profile
専門は国語学、国語学史。近代日本語と日本語研究の土台がどのような形で幕末から明治時代にかけて形作られたのかを考えています。日本語には1000年を超える歴史がありますが、我々にとっての常識の「国語」観は案外新しいものです。

★村田 真一 教授
外国語学部 外国語学部長/ロシア語学科

「外国語を学ぶことは、自分の世界をひろげること。」

外国語学部の学習は積み上げ式であり、ステップごとに具体的な目標が不可欠。1・2年次性生は語学研修や長期留学、スピーチコンクールへの参加、3・4年次生にとっていちばん効果的な方法はゼミを履修して研究成果を卒論やゼミ論にまとめることと、大学で学んだ内容を卒業後に実践する気概を持つことです。

Profile
専攻は演劇を主軸に捉えたロシア文化論。最近はモダニズム演劇、戯曲・映画におけるエクフラシスや間芸術性に関する論文を執筆。ロシアやウクライナ、セルビア、イタリアなどの学会と連携し、講演や共同研究も行う。

★芳賀 学 教授
総合人間科学部 総合人間科学部長/社会学科

「人間は一人ひとり、みんなちがう。だから難しい。だけどおもしろい。」

私はもともと地理が好きな少年でした。自分とはまったく違う環境で生きる、ものの見方や考え方も異なる人々の暮らしを想像するのが好きでした。そのうち、「気流の鳴る音」という本に出会いました。内容文化人類学的ですが、著者が社会学者で、社会学をやろう、と決心させるほど面白い本でした。その後は自分たちの持つ「常識」とは異なる価値観や考え方を持つ社会集団へ関心を持ちました。

Profile
専門は宗教社会学・文化社会学。現代日本社会における新宗教や若者文化などについて研究してきた。近年のテーマは、全国展開している新しい日本の祭り。現代人の生活の中で祭りがどのような意味を持っているのかを地道に勉強している。

★吉田 研作 教授
言語教育研究センター長

「AIの進化で、外国語学習は不要になるだろうか?」

おそらく一般的な観光旅行などではAIが通訳として利用できるようになるかもしれません。しかし、人間同士のコミュニケーションは辞書的意味だけでは成立しない。言葉には、それぞれの人生、文化が背景としてあり、隠れた意図を類推するという解釈が必要になります。四谷キャンパスという空間は、国境を超えるコミュニケーション能力を進化させる小世界でもあるのです。

Profile
上智大学外国語学部英語学科卒業、同大学外国語学研究科言語学専攻修士課程修了。ミシガン大学大学院博士課程修了。専門は応用言語学。

★青木 研 教授
経済学部長/経済学科教授

「よりよい世界のために、よりよい仕組みを考える。」

豊かな社会を実現するには、市場メカニズムを効果的に機能させ、企業の生産活動と人々の消費活動を活発化させることが不可欠です。経済学部では、その実現のために、経済学と経営学の理論と実践を理解し、また、ネイティブ教員による英語での講義も体系化して、高い問題解決能力を備えたグローバルな人材の育成を目指しています。

Profile
産業組織論・医療経済学を専門とする。近年の研究は、2003年から導入された新報酬支払い方式が、病院の行動に与えた影響についてである。

★曄道 佳明教授
理工学部/機能創造理工学科

「実践的機会を提供するグローバル教育」

上智大学は自分自身の利益のためだけでなく、地球規模の課題解決に寄与できる人材の育成に取り組んでいます。日々、変化する今日の国際社会に対応できる人材を育成するには、新たな視点によって教育改革に挑み、従来の枠組みを超えた教育を取り入れていく必要があります。本学はグローバル教育のトップランナーとして「次のステップ」を常に考え、様々な改革を推進しています。特色のある教育プログラムを通じて、4年後、10年後、30年後の社会と自分の未来を展望する力を身につけていただきます。

★赤堀 雅幸教授
総合グローバル学部/総合グローバル学科

「「難民」と「移民」は、何がちがうのか?」

たとえば、ヨーロッパに中東から数多くの人々が移動していて、これを「イスラム難民」と呼ぶメディアがありますが、シリア正教会などのクリスチャンたちも大勢脱出しているので、正しい表現ではないです。メディアや本でさまざまな情報にアクセスするにしても、ひとつの単語にもさまざまな思惑が絡んでいる。そこに立ち止まって、その違いに気づく、考える、ということも、この学部で学んでほしいことのひとつです。

Profile
総合グローバル学部長。砂漠に住むベドウィンの研究をはじめとして、イスラームの現代的なあり方に注目し、スーフィズムと聖者崇敬の学際的共同研究を推進して、新しい研究分野の確立に挑戦している。専門は人類学、イスラーム地域研究。

%e3%81%82%e3%82%93%e6%95%99%e6%8e%88_img_8759_%e5%ae%9f

★あん・まくどなるど教授
大学院/地球環境学研究科

「地球の限りある資源と、世界の豊かな未来は、両立できるのでしょうか?」

地球の豊かな多様性を維持しながら、人間の生活水準も維持、向上させるためには、ローカルからグローバルを考える、グローバルからローカルを見つめる、というふたつの視点が必要だと考えています。研究しているのは環境政策と環境歴史学です。人間が農業や漁業を通じて、どのように環境と関わってきたかを研究しています。

Profile
国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット所長/国連開発計画「生物多様性の10年日本委員会」を経て、現在は国連食糧農業機関 アドバイザー/農林水産省「水産資源の持続的利用に向けた海洋保護区検討会」委員/生物多様性戦略検討会 委員など。

%e4%b9%85%e7%94%b0%e6%95%99%e6%8e%88img_7719kiri

★久田 満教授
総合人間科学部/心理学科

「人間は不思議、だからおもしろい。」

心理学には、いろいろな分野があって、コミュニティを「フォトボイス」という質的調査法を用いて皆が写真と会話の中から探ることは、ひとりの人間というよりも、コミュニティのなかの人間をテーマにしたコミュニティ心理学的な研究です。

Profile
総合人間科学部長。個人の変化を追究するのが臨床心理学だとすれば、個人を取り巻く生活環境を変えることによってコミュニティ全体のQOLを改善しようと考えるのがコミュニティ・アプローチの特長。


上智大学
https://www.sophia.ac.jp/

シェアする
  • NEW
  • 愛知・国立大学
  • 創立当初から受け継がれている「自由闊達」な学風を伝統とし、世界レベルの教育・研究を実施しています。
  • NEW
  • 京都・国立大学
  • 対話を根幹とした自由の学風のもと創造の精神を涵養する学問の都として、世界にその存在感を示しています。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • さまざまな改革・挑戦を続け15学部38学科を擁する日本有数の総合大学。
  • NEW
  • 愛知・私立大学
  • 1946年の開学より外国語教育と国際教育を柱とし、世界に羽ばたく人材の育成に力を入れています。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 先進的な教育改革を断行し、誰とでもその力を発揮できる「専門性に立つ教養人」の育成に努めています。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 社会で生きる学び「実学教育」に力を入れる創立135年を超える歴史を誇る総合大学。
  • NEW
  • 愛知・私立大学
  • 「強く、優しく。」東海地区を代表する女性総合大学として、女性のための教育を追求しています。
  • NEW
  • 京都・私立大学
  • 「一国の良心」ともいうべき人物の養成を教育の目標に掲げ、その建学の精神が145年引き継がれています。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 文理の枠を超えて学ぶカリキュラムを、日英バイリンガリズムの少人数教育により実践しています。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 2021年に創立140周年を迎え「権利自由」「独立自治」という建学の精神を継承した都心型総合大学。
  • NEW
  • 愛知・国立大学
  • 創立117年。中京地区を中心とした産業界とともに発展、ものづくり愛知の代表大学。
  • NEW
  • 大阪・私立大学
  • 総合大学として、多様な文化とその価値観を尊重し、柔軟かつ幅広い視野で物事を捉える力をつけます。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 知識の先にある本物の“叡智”によって一人ひとりの可能性を引き出し、世界を切り開く人物を養成します。
  • NEW
  • 京都・私立大学
  • 6学部11学科の多彩な学びを展開する女子総合大学として140年を超える歴史を歩んでいます。

関連する記事はありませんでした ...


PAGE TOP