名古屋工業大学
– 先生紹介 –

シェアする

icon-teacher

★増田 理子 教授
工学部/社会工学科 環境都市分野

「自然環境と共生する社会を実現する研究」

環境と生物の相互関係を研究することで、持続可能な社会の実現にむけて活動しています。フィールドワークを通じ自然環境から多くのことを学び、自然と共生する社会を目指しています。

Profile
静岡県出身。東京大学博士課程植物学専攻を修了後、九州大学、愛媛大学などを経て現職。

★吉田 亮 准教授
工学部/社会工学科 環境都市分野

「天然鉱物の微視構造・形成過程に学ぶ建設材料の開発」

自然界の特異な機能をもった鉱物に学び、ぐにゃぐにゃ曲がるコンニャク石の構造を模倣したコンクリート免振ブロックや、硬い鉱物の形成過程を再現したコンクリート補修材を開発しています。

Profile
東京理科大学を卒業し、東京大学で博士を取得。その後は、名古屋工業大学にて教員となる。専門はコンクリート工学。

★日原 岳彦 教授
工学部/創造工学教育課程 材料・エネルギーコース

「ナノ粒子から先進的な機能材料を創り出す」

物質の大きさがナノメートル程度になると、物理的、化学的性質が変化し、バルク材料と異なる性質を発現します。このナノスケール特有の性質を、先進機能材料へ応用する研究を行っています。

Profile
東北大学で博士号を取得。ドイツのマールブルク大学で研究員を務めた後、名工大に来ました。専門分野は材料工学です。

★白松 俊 准教授
工学部/創造工学教育課程 情報・社会コース

「人々のコラボレーションを支援する技術を開発」

IT技術者と市民が協力して社会課題に取り組む「シビックテック」や、議論のファシリテーションを支援する技術を研究しています。人間の言葉を解析して、意味を構造化する技術の応用です。

Profile
京都大学で博士号を取得後、2009年より名工大の教員。シビックテック団体Code for Nagoyaでも活動中。


★王 建青 教授
工学部/電気・機械工学科(電気電子分野)

「ロボットを、人間の意のままワイヤレスに動かす」

ウェアラブル・ロボットは、検出された筋電や脳波を用いて制御され、人間の意思に従って動作します。産業、医療、福祉分野での応用に向けて、その制御のワイヤレス化の研究を行っています。

Profile
東北大にて博士号を取得。企業を経て名工大。ワイヤレス生体通信、ワイヤレスロボット制御、及び電磁環境の研究に従事。

★劉 暁旭 助教
工学部/電気・機械工学科(機械工学分野)

「摩擦と摩耗を科学して新しい技術を創り出す」

機械の省エネルギー化・長寿命化に向けては、摩擦と摩耗の制御が必要です。私は炭素系硬質膜や短パルスレーザによる超精密加工を応用して、新しいものづくり技術の創出を目指しています。

Profile
名古屋大学で博士号取得。トライボロジーや精密加工の研究を中心に、機械工学の発展に貢献すべく頑張っています!


★吉田 奈央子 准教授
工学部/社会工学科(環境都市分野)

「無酸素環境で生きる 微生物で環境浄化」

約40億年前から現在まで地球の環境変化に適応した微生物には、多様な元素循環機能が備わっています。私は酸素がない環境で生きる微生物を用いた環境浄化研究を行っています。

Profile
豊橋技科大で博士号を取得後、名大、京大、豊橋技科大を経て名工大勤務。社会貢献を実感できる工学が土木の魅力!

★橋本 芳宏 教授
工学部/社会工学科(経営システム分野)

「想定外にも対応したい」

自動運転などスマート化が進む世の中ですが、便利さだけでなく、サイバー攻撃の脅威にも目を向ける必要があります。工場や発電所などの重要インフラをサイバー攻撃から守る研究をしています。

Profile
京都大学化学工学科卒。省エネルギー、省資源のための制御の研究から、制御系のサイバーセキュリティも研究対象に。


★柴田 哲男 教授
工学部/生命・応用化学科(生命・物質化学分野)

「フッ素でくすりを創る」

フッ素は水素に次いで小さな元素で、蛍石の中で眠っています。このフッ素を蛍石から取り出すと、魔法のような力を発揮します。フッ素を使いこなし、創薬に導くのが私の研究テーマです。

Profile
大阪大学で博士(薬学)を取得。相模中央化学研究所、富山医科薬科大学を経て2003年より名工大。「工学部でのくすりづくり」を目指します。

★白井 孝 准教授
工学部/生命・応用化学科(環境セラミックス分野)

「固定観念を捨てて新しい視点で化学する」

最も古くて最も新しい材料であるセラミックスを研究対象に、局所反応場制御による新しい材料合成手法を提案し、環境やエネルギー創出など人々の暮らしに役立つ材料開発を行っています。

Profile
長岡技科大にて博士(工学)を取得後、産総研を経て、2008年より名工大勤務。エンジニアになりたくて機械工学科に入るも、気が付けば材料研究の道に。人生わからないものです。


★大原 繁男 教授
工学部/物理工学科(材料機能分野)

「新しい物質、新しい材料が未来を変える」

鏡の中の物理は、こちら側と同じでしょうか。私は鏡の国の磁石を研究したり、超伝導体を探したりしています。キラリティ(掌性)、右と左の不思議を調べたり考えたりしてみてください。

Profile
広島大学で理学博士。分子研IMSフェローを経て、名工大へ。化学が好きでしたが、物理の道に迷い込み、出られなくなりました。

★池田 勝佳 教授
工学部/物理工学科(応用物理分野)

「表面・界面の物理によって新しい機能設計を目指す」

物質の表面や界面は、その内部とは異なる性質を示します。特にナノ材料では表面の影響が大きくなります。表面・界面特有の物理を制御して、新しい機能設計に繋げることを目指しています。

Profile
東京大学で博士(工学)を取得。北大で講師・准教授を務めたのち、2015年より名工大。物理と化学の境界領域を歩んでいます。


★福嶋 慶繁 准教授
工学部/情報工学科(ネットワーク分野)

「高速に動く画像処理を 実現する」

SNSなどで身近に使われる写真を編集したりするときに使う画像処理の研究をしています。変化するコンピュータに合わせて、編集するための計算がどうやったら早く終わるのかを研究しています。

Profile
H12岐阜高校卒、名古屋大学で学士(H16)、修士(H18)、博士を取得(H21)。同年から名古屋工業大学で勤務。

★田口 亮 助教
工学部/情報工学科(メディア情報分野)

「赤ちゃんのように言葉を 学習するロボットを作る」

環境の特質・資源を活用したデザインに関する研究を行っています。研究テーマに関わるワークショップも日本各地で展開しています。最近では水滴を活用したデザインをミラノサローネで発表しました。

Profile
宮城高専を卒業後、豊橋技術科学大学に編入学。豊橋技術科学大学で博士(工学)を取得。2008年より名工大勤務。


★猪股 克弘 教授
工学部/創造工学教育課程 材料・エネルギーコース

「未来のテクノロジーを 高分子化合物で創り出す」

高分子化合物は、身の回りで使われるだけでなく、高機能な軽量材料として大活躍しています。工学の他の専門領域で利用することで、新しい製品や技術・価値を創造することを目指しています。

Profile
東京工業大学で工学博士の学位を取得。同大で助手を勤めたのち、2001年から名工大。 2016年から新設の創造工学教育課程を担当。

★石松 丈佳 教授
工学部/創造工学教育課程 情報・社会コース

「身の周りの環境の資源を フル活用するデザイン」

環境の特質・資源を活用したデザインに関する研究を行っています。研究テーマに関わるワークショップも日本各地で展開しています。最近では水滴を活用したデザインをミラノサローネで発表しました。

Profile
三重県立宇治山田高卒 芸術学修士(武蔵野美大) 博士(工学)(名工大) 研究職の前はディスプレイデザイナーをしていました。

%e5%90%8d%e5%b7%a5%e5%a4%a7_%e6%97%a5%e5%8e%9f%e6%95%99%e6%8e%88


★日原 岳彦 教授
工学部/物理工学科

「ビルドアップナノテクノロジーによる 先進機能材料の創製」

新規機能材料の開発を目指して、ナノ粒子の気相合成プロセス、物性解明などの研究を行っています。現在のテーマは燃料電池の白金フリー触媒やスピンデバイスの希薄磁性薄膜に関する研究です。

Profile
木更津高校卒業、東北大学出身、ドイツMarburg大学で研究員を経験し、2000年に名工大に来ました。

%e5%90%8d%e5%b7%a5%e5%a4%a7_%e5%b7%9d%e6%9d%91%e6%95%99%e6%8e%88

★川村 大伸 教授
工学部/社会工学科(経営システム分野)

「世の中は文系と理系に分かれていない。 二刀流で未来を切り開く!!」

「経営学による対象の洞察力×データ解析の技術力」を武器に、モノとサービスの品質管理を研究しています。モノづくりに役立つ統計手法の開発、外食産業や観光サービスの評価などをしています。

Profile
東京理科大学および筑波大学での勤務を経て、名工大に着任。筑波大学および東京理科大学にて非常勤講師も務めています。

名工大_森田先生


★森田 良文 教授
工学部/電気・機械工学科

「医療、リハビリテーションの工学的支援」

脳卒中により低下した運動機能を回復させるニューロリハビリロボットを開発しています。
医療関係者や研究室の学生と一緒に、患者さんが笑顔を取り戻せるよう、いろいろなリハビリ機器を開発しています。

Profile
名工大出身、デンソー、岐阜高専の勤務を経て母校に。制御工学が専門でしたが、社会のニーズに合わせて研究も変化中。

名工大_石野先生

★石野 洋二郎 教授
工学部/電気・機械工学科

「環境・エネルギー問題に直結するエネルギー変換工学」

研究テーマである「多眼カメラ3DCT法による新計測システム開発」は、学会で注目され、自作の多眼カメラは2009年ギネス世界記録に認定されました。液体ロケットの打ち上げに向けて、ロケットエンジンも開発中です。

Profile
名工大出身、1992年より本学教員、1993年~1994年英国リーズ大学機械工学科研究員。

名工大-3


★伊藤 孝行 教授
工学部/情報工学科

「マルチエージェント技術で次世代社会システムを創造」

人間社会のコレクティブインテリジェンス(集合的知性)に興味があります。
マルチエージェントアルゴリズムによってコレクティブインテリジェンスを促進し、未来社会システムを追求しています。

Profile
2000年名工大博士取得。ハーバード大学やMITにて客員研究員。
日本学術振興会賞受賞。文部科学大臣表彰を2度受賞など。

名工大-2

★神取 秀樹 教授
工学部/生命・物質工学科

「生物が光を利用するしくみを解き明かしています」

生物にとって、光は情報やエネルギーの源であり、さまざまなタンパク質を使って巧みに利用しています。
このようなしくみを学び、理解することが、自然界にないものをつくりだす原動力になります。

Profile
理学部で物理、大学院では生物を学び、現在は工学部で化学を教えています。
授業の名前は「生物物理化学」、高校生には理解できない授業名かもしれませんね。

 


名古屋工業大学
http://www.nitech.ac.jp/

〒466-8555 愛知県名古屋市昭和区御器所町

シェアする
  • NEW
  • 京都・私立大学
  • 「一国の良心」ともいうべき人物の養成を教育の目標に掲げ、その建学の精神が140年引き継がれています。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 知識の先にある本物の“叡智”によって一人ひとりの可能性を引き出し、世界を切り開く人物を養成します。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 先進的な教育改革を断行し、誰とでもその力を発揮できる「専門性に立つ教養人」の育成に努めています。
  • NEW
  • 愛知・私立大学
  • 「強く、優しく。」東海地区を代表する女性総合大学として、女性のための教育を追求しています。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 2021年に創立140周年を迎え「権利自由」「独立自治」という建学の精神を継承した都心型総合大学。
  • NEW
  • 愛知・国立大学
  • 創立117年。中京地区を中心とした産業界とともに発展、ものづくり愛知の代表大学。
  • NEW
  • 京都・国立大学
  • 対話を根幹とした自由の学風のもと創造の精神を涵養する学問の都として、世界にその存在感を示しています。
  • NEW
  • 京都・私立大学
  • 6学部11学科の多彩な学びを展開する女子総合大学として140年を超える歴史を歩んでいます。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 文理の枠を超えて学ぶカリキュラムを、日英バイリンガリズムの少人数教育により実践しています。
  • NEW
  • 愛知・国立大学
  • 創立当初から受け継がれている「自由闊達」な学風を伝統とし、世界レベルの教育・研究を実施しています。
  • NEW
  • 大阪・私立大学
  • 総合大学として、多様な文化とその価値観を尊重し、柔軟かつ幅広い視野で物事を捉える力をつけます。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • 社会で生きる学び「実学教育」に力を入れる創立135年を超える歴史を誇る総合大学。
  • NEW
  • 東京・私立大学
  • さまざまな改革・挑戦を続け15学部38学科を擁する日本有数の総合大学。
  • NEW
  • 愛知・私立大学
  • 1946年の開学より外国語教育と国際教育を柱とし、世界に羽ばたく人材の育成に力を入れています。

関連する記事はありませんでした ...


PAGE TOP