ザバーリアン高校 ジャズバンドと合唱団、訪日

シェアする

犬山市の国際交流団体 B.ブリッジズ主催、犬山市、犬山市教育委員会、犬山国際交流協会後援のもと、ニューヨーク・ブルックリンのザバーリアン高校生57名と引率教諭5名の総勢62名(ジャズバンドと合唱団)が、令和5年3月28日(火)~4月7日(金)まで犬山市を拠点に日本を訪問しました。高校生たちの滞在先は、犬山市近郊の51のホストファミリーでした。

ザバーリアン高校は、ニューヨーク・ブックリンにある国際交流に力をいれているカトリック系の進学校で、2005年のNYから犬山へ、犬山からNYへと交流は続き、今回、記念すべき15回目となりました。今回は、2020年に予定をしていましたが、コロナによって急遽中止となりましたが、コロナが終息をみえてきたことにより、生徒たちの熱い思いで実施にこぎつけることになりました。

一行は、3月28日、中部国際空港に到着犬山に、翌29日、ウエルカムパーティ&ミニコンサート、30、31日は、奈良・京都1泊旅行、4月1,2日は、春の犬山祭を堪能、3日は、犬山市役所表敬訪問、大須観光、4日、瑞浪市にある美濃歌舞伎博物館相生座見学、土岐アウトレットモールへ、5日、犬山市民文化会館 大ホールにて、犬山市長、在アメリカ領事を来賓に迎え、ジャズバンド&コーラス、と、春日井市を拠点に活動している和太鼓グループ「転輪太鼓」とのジョイントコンサート、6日、終日フリー、そして最終日、7日、一行は、犬山をあとにするのでした。

4日に訪問した美濃歌舞伎博物館相生座は、明治28年に下呂町宮地に建てられた「相生座」と、明智町の「常盤座」を、昭和51年に移築した芝居小屋で、杮落としでは、市川猿之助(現-猿翁)がろうそく芝居を上演。中村勘三郎、勘九郎が愛している芝居小屋です。生徒たちは、歌舞伎の歴史と、舞台機構をじかに体験し、歌舞伎を、やってみたい、との感想や、多数質問が寄せられました。

また、5日のコンサートでの、本場のジャズと、和太鼓のセッションは、時の経過があっという間で、会場は熱気と感動の渦とかしていました。

歌舞伎の学校 立木 記

 

美濃歌舞伎博物館 相生座 訪問

美濃歌舞伎博物館 相生座 訪問


ザバーリアン高校 https://www.xaverian.org/
相生座 http://www.nakasendou.jp/aioiza/
歌舞伎の学校 https://kabukinogakkou.jp

シェアする
  • つなぐだけでスマートフォンをPC化
  • あしなが育英会は、「アフリカ遺児高等教育支援100年構想」にまで拡がっています。
  • 不安や悩みがあったりしたら、一人で悩まず、いつでもすぐ電話で相談してください。
  • 歌舞伎初心者講座を活用して、外国人や留学先での会話を楽しもう!
  • 卒業記念品に 校歌を入れた オルゴールを

PAGE TOP