変わるための一歩

シェアする

皆さんは今の自分に満足していますか?

怪しい勧誘の謳い文句のようになってしまいましたが、現状に満足している人は少なく、何かを変えたいと思っている人は多いのではないでしょうか。ただ、自分を変えたいと思っても、実際にそれを行動に移すのは難しいものです。

例えば、学校のテストが近くなってきて、勉強しなきゃと思ってもついついスマホをいじってしまう。毎日単語帳を寝る前に読もうと思っても三日坊主で終わってしまう。皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか。

私たちには日々の生活の中で無意識的に習慣化している行動があります。ついついスマホをいじってしまうのも習慣の一つです。自分を変えるためには、その習慣に気付き、意識的に新たな習慣を作り出すことが重要です。

まずは、自分の日々の習慣について考えてみてください。もし、その習慣の中で、必要ではないけどなんとなく続けている、ただ毎日することが当たり前になっているから続けている。そんな習慣があった時は、思い切って辞める、そして、その代わりに変わるための行動をしてみましょう。最初は違和感があるかもしれません。しかし、続けることでいずれ新たな習慣になり、それが当たり前になるはずです。

皆さんの人生は、皆さん自身の行動・考え方の積み重ねでつくられます。皆さん次第でどんな人生にもなりえます。なりたい自分、理想像がある方は、単なる理想ではなく目標として捉えてみてください。皆さんの未来がより良いものになるよう、目標に向かって今からできることを始めてみませんか?

文化庁参事官(芸術文化担当)付
中島 伊織

※個人としての見解です。

シェアする
  • 名古屋経済大学高蔵高等学校合気道部
  • 不安や悩みがあったりしたら、一人で悩まず、いつでもすぐ電話で相談してください。
  • 新城市若者議会は、若者自らが自分のまちのことを考え、政策立案する機関です

PAGE TOP